A Leading-edge Deep System Software Laboratory
(Operating Systems, Virtualization, Secure Computing)(オペレーティングシステム、仮想化技術、セキュアコンピューティング)

Shinagawa Laboratory品川研究室

  • Banner1
  • Banner2
  • Banner3
  • Banner4

Recent News最近のニュース

  • 2016-04-28 Recruitment of 2017 new master's and doctor course students来年度の学生募集(修士課程・博士課程)

    We accept master's and doctoral course students. If you are interested in deep system software technologies such as operating systems and virtualization, please consider joining our laboratory. 品川研究室では、来年度の修士課程・博士課程の学生を募集します。OSや仮想化技術などの低レイヤ・システムソフトウェアの研究をはじめとして、IoTやビッグデータ、人工知能・機械学習の分野においても基盤となるシステム・ソフトウェア全般に関する研究に興味がある学生さんは、ぜひ当研究室の志望をご検討ください。工学部計数工学科の学生さんはもちろん、工学部電子情報工学科、理学部情報科学科などの他学科・他学部の学生さんや他大学の学生さんも歓迎します。専門科目はコンピュータ科学や電子情報学など得意な科目で受験することが可能です。

  • 2016-04-06 Mr. Takekoshi made a presentation at ACM SAC 2016竹腰君(筑波大M2)が ACM SAC 2016 で発表
    [sac2016]

    Mr. Takekoshi, a 1st grade student of the master's course of University of Tsukuba, made a presentation at the 31st ACM Symposium on Applied Computing (ACM SAC 2016) in Italy. 筑波大学大学院博士前期課程1年の竹腰開君が、イタリアで開催された国際会議 31st ACM Symposium on Applied Computing (ACM SAC 2016) で研究成果を発表しました。

    Testing Device Drivers against Hardware Failures in Real Environments.
    Satoru Takekoshi, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    In Proceedings of the 31st ACM Symposium on Applied Computing, Apr 2016. Acceptance Ratio: 24.07% (252/1047).

  • 2016-04-01 Adopted in Grants-in-Aid for Scientific Research (B)科研費基盤(B)に内定

    Our research proposal was adopted in Grants-in-Aid for Scientific Research (B), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS).日本学術振興会の科学研究費補助金基盤研究(B)に内定をいただきました。

  • 2016-04-01 New students joined our laboratory新しい学生が研究室に配属

    Three master's students, Mr. Misono, Mr. Nakayama, and Mr. Uchida joined the Shinagawa Laboratory on April 1.4月1日付けで東京大学の修士1年の学生3名(味曽野君、中山君、内田君)が品川研究室に配属されました。





Fiscal Year 2015 年度

  • 2016-03-12 Prof. Shinagawa made a presentation at a domestic academic event.品川准教授が情報処理学会「IPSJ-ONE」に登壇
    [IPSJ-ONE]

    Prof. Shinagawa made a presentation at a domestic academic event of Information Processing Society of Japan called IPSJ-ONE. He made a presentation about BitVisor for non-academic people like high school students and undergraduate university students. 品川准教授が情報処理学会のイベント「IPSJ-ONE」で BitVisor に関する発表をおこないました。IPSJ-ONE は、様々な分野の若手研究者がそれぞれ5分でライトニングトークをするイベントです。品川准教授は、本イベントにおいて、高校生や大学生など一般の方に向けて、BitVisor の概要を紹介する発表をおこないました。

    BitVisor: OSを手玉に取る仮想化ソフトウェア.
    品川 高廣.IPSJ-ONE, 日吉,2016年3月.
    動画(ニコニコ動画).

  • 2016-02-29 Mr. Azuma (B4 at UTokyo) made a presentation at an OS workshop東君(東大B4)が第136回OS研究会で発表
    [sigos136]

    Mr. Azuma (B4 at the University of Tokyo) made a presentation at a domestic non-peer-reviewed workshop called 136th System Software and Operating System Workshop held in Kobe. His presentation was about protecting hardware in bare-metal clouds from attacks such as hardware destruction and virus infection by using thin hypervisors. 東京大学計数工学科4年生の東耕平君が、神戸で開催された第136回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会で発表をおこないました。発表内容は、ベアメタルクラウドにおいてハードウェア破壊やウィルス感染などの攻撃を防ぐために、ハイパーバイザを用いて不揮発性メモリへのアクセスを防止するものです。

    Hardware Protection in Bare-metal Clouds.ベアメタルクラウドにおけるハードウェア保護.
    Kouhei Azuma, Satoru Takekoshi, Takaaki Fukai, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.東 耕平,竹腰 開,深井 貴明,品川 高廣,加藤 和彦.
    In Proceedings of the 136th System Software and Operating System Workshop, Kobe, Feb 2016. (in Japanese)第136回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会,神戸,2016年2月.

  • 2016-01-24 Our paper presented at UCC 2015 received the best paper award!UCC 2015 で発表した論文が best paper award を受賞!
    [ucc2015_award]

    Our paper presented at the 8th IEEE/ACM International Conference on Utility and Cloud Computing (UCC 2015) received the best paper award! Among 27 accepted full papers in UCC 2015, our paper was the only one selected as the best paper. 国際会議 8th IEEE/ACM International Conference on Utility and Cloud Computing (UCC 2015) で発表した論文が best paper award を受賞しました。UCC 2015で採択されたフルペーパー27本中で、今年の best paper award に選ばれたのはこの論文1件だけでした。

    OS-Independent Live Migration Scheme for Bare-metal Clouds.
    Takaaki Fukai, Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    In Proceedings of the 8th IEEE/ACM International Conference on Utility and Cloud Computing, Dec 2015. [Best paper award].

  • 2015-12-08 Mr. Fukai made a presentation at UCC 2015深井君(筑波大D1)が UCC 2015 で発表

    Mr. Fukai (D1 in University of Tsukuba) made a presentation at the 8th IEEE/ACM International Conference on Utility and Cloud Computing (UCC 2015) in Cyprus. 筑波大学大学院博士後期課程1年の深井貴明君が、キプロスで開催された国際会議 8th IEEE/ACM International Conference on Utility and Cloud Computing (UCC 2015) で研究成果を発表しました。

    OS-Independent Live Migration Scheme for Bare-metal Clouds.
    Takaaki Fukai, Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    In Proceedings of the 8th IEEE/ACM International Conference on Utility and Cloud Computing, Dec 2015. Acceptance Ratio: 25.7%.

  • 2015-11-23 Mr. Takekoshi's paper was accepted for publication in ACM SAC 2016竹腰君(筑波大M1)の論文が国際会議 ACM SAC 2016 に採択

    Our paper, in which Mr. Takekoshi (M1 in University of Tsukuba) is the first author, was accepted for publication in ACM SAC 2016. 筑波大学の竹腰開君(修士1年)の論文が国際会議 ACM SAC 2016 に採択されました。

    Testing Device Drivers against Hardware Failures in Real Environments.
    Satoru Takekoshi, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    In Proceedings of the 31st ACM Symposium On Applied Computing (ACM SAC 2016), Apr 2016. To appear

  • 2015-10-27 アルバイト学生の募集

                         アルバイト募集
     
     内容:研究室におけるシステム管理やBitVisorに関する研究の補助など
     資格:本学学生
     時給:925円
     時間:要相談
     応募方法:簡単な履歴書を添付してメール送付(アドレスは本ページ「履歴」を参照)
     〆切:2015年10月30日(金)17:00 

  • 2015-10-21 Mr. Takekoshi made a presentation at CSS 2015竹腰君(筑波大M1)が CSS 2015 で発表

    Mr. Takekoshi (M1 in University of Tsukuba) made a presentation at a domestic symposium called Computer Security Symposium 2015 (CSS 2015) in Nagasaki. 竹腰君(筑波大M1)が国内シンポジウム「コンピュータセキュリティシンポジウム2015」で研究成果を発表しました。

    VMM-based Protection of Credit Card Data on POS TerminalsPOS端末におけるVMMを用いたクレジットカード情報の保護
    Satoru Takekoshi, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.竹腰 開,品川 高廣,加藤 和彦.
    Computer Security Symposium, Nagasaki, Oct. 2015. (in Japanese)コンピュータセキュリティシンポジウム,長崎,2015年10月.

  • 2015-10-01 New students joined our laboratory新しい学生が研究室に配属

    Two undergraduate students, Mr. Azuma and Mr. Huáng, and a doctoral student, Mr. Matsuzawa, of the University of Tokyo joined the Shinagawa Laboratory on October 1.10月1日付けで東京大学の学部生2名(東君と黄君)と社会人博士課程の学生1名(松沢君)が品川研究室に配属されました。

  • 2015-09-06 Mr. Fukai's paper was accepted for publication in UCC 2015深井君(筑波大D1)の論文が国際会議 UCC 2015 に採択

    Our paper, in which Mr. Fukai (D1 in University of Tsukuba) is the first author, was accepted for publication in UCC 2015. 筑波大学の深井貴明君(D1)の論文が国際会議 UCC 2015 に採択されました。

    OS-Independent Live Migration Scheme for Bare-metal Clouds.
    Takaaki Fukai, Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    In Proceedings of the 8th IEEE/ACM International Conference on Utility and Cloud Computing, Dec 2015. To appear.

  • 2015-07-27 Three students presented posters at APSys 2015APSys 2015 でポスター発表

    Dr. Omote, Mr. Takekoshi, and Mr. Yoneji presented porsters at APSys 2015. 表君(学振PD)、竹腰君(筑波大M1)、米司君(筑波大B4)が国際会議APSys 2015でポスター発表をしました。

    A new framework for baremetal OS.
    Iori Yoneji, Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    6th Asia-Pacific Workshop on Systems (APSYS 2015), Tokyo, Jul 2015.

    Testing Device Drivers against Hardware Failures in Real Environments.
    Satoru Takekoshi, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    6th Asia-Pacific Workshop on Systems (APSYS 2015), Tokyo, Jul 2015.

    Exit-Less Isolated Execution.
    Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    6th Asia-Pacific Workshop on Systems (APSYS 2015), Tokyo, Jul 2015.

  • 2015-04-01 Dr. Shinagawa joined the department of Information Physics and Computing大学院システム情報学専攻を兼担

    Dr. Shinagawa joined the department of Information Physics and Computing, Graduate School of Information Technology, The University of Tokyo. Our laboratory is recruiting students of the master's and doctoral courses of the department.4月1日から東京大学大学院情報理工学研究科システム情報学専攻を兼担することになりました。同専攻で修士・博士課程の学生を募集していますので、受験をご検討ください。

Fiscal Year 2014 年度

  • 2015.3.25 Mr. Omote was awarded the President award表君(筑波大D3)が学長表彰を授賞

    Mr. Omote (D3 of University of Tsukuba) was awarded the President award in University of Tsukuba.筑波大学の表祐志君(D3)が学長表彰を授賞しました。

  • 2015.3.25 Mr. Omote received Ph.D.表君が博士号を修得

    Mr. Omote (D3 of University of Tsukuba) received Ph.D in Computer Science from University of Tsukuba. He becomes a Postdoctoral Fellow of Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) since April. 筑波大学の表祐志君(D3)が筑波大学からコンピュータサイエンスの博士号を取得しました。4月から日本学術振興会の特別研究員(PD)になりました。

  • 2015.3.16 Mr. Omote made a presentation at ASPLOS 2015表君(筑波大D3)が国際会議 ASPLOS 2015 で発表
    [ASPLOS '15]

    Mr. Omote (D3 in University of Tsukuba) made a presentation with the title "Improving Agility and Elasticity in Bare-metal Clouds" at ASPLOS 2015.筑波大学の表祐志君(D3)が国際会議 ASPLOS 2015 で "Improving Agility and Elasticity in Bare-metal Clouds" というタイトルで発表をおこないました。

    Improving Agility and Elasticity in Bare-metal Clouds.
    Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    In Proceedings of the 20th International Conference on Architectural Support for Programming Languages and Operating Systems (ASPLOS 2015), March 2015.
    doi:10.1145/2694344.2694349

  • 2014.11.12 Mr. Omote's paper was accepted for publication in ASPLOS 2015!表君(筑波大D3)の論文が国際会議 ASPLOS 2015 に採択!

    Our paper, in which Mr. Omote (D3 in University of Tsukuba) is the first author, was accepted for publication in ASPLOS 2015. ASPLOS is a prestigious internatonal conference on computer architecture, operating systems, and programming languages. It is a historic conference started in 1982 and 20th this year. According to Google Scholar Metrics, ASPLOS is ranked as No. 4 in the field of Computing Systems. It seems to be the first time for a japanese university student to be the first author of an accepted paper in ASPLOS. The acceptance ratio of this year's ASPLOS was 16.7% (48/287), which was very competitive.筑波大学の表祐志君(D3)の論文が国際会議 ASPLOS 2015 に採択されました。ASPLOS はOSやプログラミング言語とアーキテクチャの境界領域に関する著名な難関国際会議で、2015年で20回目(第1回は1982年)になる歴史のある会議です。Google Scholar Metrics によると、ASPLOS は Computing Systems の分野で第4位にランキングされています。過去のASPLOSの中で日本の大学の学生が第一著者の論文が採択されるのは初めてではないかと思われます。今回の採択率は約16.7% (48/287)と非常に狭き門でした。

    Improving Agility and Elasticity in Bare-metal Clouds.
    Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    In Proceedings of the 20th International Conference on Architectural Support for Programming Languages and Operating Systems (ASPLOS 2015), March 2015. To appear.

  • 2014.7.28 Mr. Omote made a presentation at SWoPP 2014表君(筑波大D3)がSWoPP 2014で発表

    Mr. Omote (D3 in University of Tsukuba) made a presentation at a domestic workshop called Summer United Workshops on Parallel, Distributed and Cooperative Processing (SWoPP 2014).筑波大学の表祐志君(D3)が2014年並列/分散/協調処理に関する『新潟』サマー・ワークショップ(SWoPP 2014) において研究成果を発表しました。

    Hypervisor-based Interposition Framework for Storage-Class Memory.
    Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.表 祐志,品川 高廣,加藤 和彦.
    IPSJ SIG Technical Reports, Vol. 2014-OS-130, No. 4, IPSJ, Niigata, Jul. 2014.情報処理学会研究報告,第2014-OS-130巻,第4号,新潟,2014年7月.

  • 2014.6.25 Mr. Fukai made a poster presentation at APSys 2014深井君(筑波大M2)がAPSys 2014でポスター発表

    Mr. Fukai (M2 in University of Tsukuba) made a poster presentation with the title "Live Migration of Bare-metal Instances" at APSys 2014, an international workshop on system software.筑波大学の深井貴明君(M2)がシステムソフトウェアに関する国際会議である 5th Asia-Pacific Workshop on Systems (APSys 2014) でポスター発表をおこないました。

    Live Migration of Bare-metal Instances.
    Takaaki Fukai, Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    The 5th Asia-Pacific Workshop on Systems (APSys 2014), Beijing, China, Jun. 2014.

  • 2014.5.15 BitVisor 1.4 has been releasedBitVisor 1.4 公開

    BitVisor 1.4 has been released.が公開されました。

Fiscal Year 2013 年度

  • 2013年12月26~27日 DSW 2013で発表

    第11回 ディペンダブルシステムワークショップ (DSW 2013)で当研究室の学生6名がポスター発表をおこないました。

    Preventing Accidental Data Disclosure in Commodity Operating Systems.
    忠鉢 洋輔, 品川 高廣, 加藤 和彦.
    第11回 ディペンダブルシステムワークショップ (DSW 2013),熱海,2013年12月.

    Towards agile and elastic bare-metal clouds.
    Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    第11回 ディペンダブルシステムワークショップ (DSW 2013), 熱海, Dec. 2013.

    物理マシン間のライブマイグレーション手法の提案.
    深井 貴明, 表 祐志, 品川 高廣, 加藤 和彦.
    第11回 ディペンダブルシステムワークショップ (DSW 2013),熱海,2013年12月.

    VMMによる軽量なTrusted Computing環境に関する研究.
    芹川 大地, 表 祐志, 品川 高廣, 加藤 和彦.
    第11回 ディペンダブルシステムワークショップ (DSW 2013),熱海,2013年12月.

    VMMによるデバイスドライバのテスト手法に関する研究.
    島田 恭平, 表 祐志, 品川 高廣, 加藤 和彦.
    第11回 ディペンダブルシステムワークショップ (DSW 2013),熱海,2013年12月.

    VMMを用いた2段階認証の支援.
    石井 智也, 忠鉢 洋輔, 表 祐志, 品川 高廣, 加藤 和彦.
    第11回 ディペンダブルシステムワークショップ (DSW 2013),熱海,2013年12月.

  • 2013年12月18日 大学ICT推進協議会2013年度年次大会で発表

    大学ICT推進協議会2013年度年次大会でBitVisorをベースにした研究開発に関する発表をおこないました。

    iMacでのWindowsのスケジュール起動.
    品川 高廣, 榮樂 英樹, 松原 克弥.
    大学ICT推進協議会2013年度年次大会,千葉,2013年12月.

  • 2013年12月15日 忠鉢君(D3)の論文が情報処理学会論文誌に掲載

    筑波大学の忠鉢洋輔君(博士3年)が第一著者の論文が情報処理学会論文誌に掲載されました.

    「軽量ハイパバイザによるシステムイメージの完全性保護」
    忠鉢 洋輔,表 祐志, 品川 高廣, 加藤 和彦.
    情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム,第54巻,第14号,2402-2412頁,2013年12月. [電子図書館]

  • 2013年12月6日 BitVisor Summit 2 開催

    BitVisor Summit 2 を開催しました。

  • 2013年12月4日 深井君(筑波大M1)と石井君(筑波大B4)がComSys 2013でポスター発表

    筑波大学の深井貴明君と石井智也君が第25回コンピュータシステム・シンポジウム (ComSys2013)でポスター発表をおこないました。

    物理マシン間のライブマイグレーション手法の提案.
    深井 貴明, 表 祐志, 品川 高廣, 加藤 和彦.
    第25回コンピュータシステムシンポジウム,豊洲,2013年12月.

    VMMを用いた2段階認証の支援.
    石井 智也, 忠鉢 洋輔, 表 祐志, 品川 高廣, 加藤 和彦.
    第25回コンピュータシステムシンポジウム,豊洲,2013年12月.

  • 2013年12月3日 深井君(筑波大M1)が第127回OS研究会で発表

    筑波大学の深井貴明君が第127回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会で発表をおこないました。

    物理マシン間のライブマイグレーション手法の提案.
    深井 貴明, 表 祐志, 品川 高廣, 加藤 和彦.
    第127回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会.
    情報処理学会研究報告,第2012-OS-127巻,情報処理学会,2013年12月.

  • 2013年11月25日 JSTの競争的資金に採択

    JSTの競争的研究資金である研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)の産学共同促進ステージ(ハイリスク挑戦タイプ)の平成25年度第2回募集に応募していた課題「高セキュリティ・高信頼のクラウドコンピューティング環境実現に向けた基盤システムソフトウェア「BitVisor」の研究開発」(企業責任者:株式会社イーゲル 松原克弥、研究責任者:品川高廣)が採択されました。

    JSTによるプレスリリース

  • 2013年11月5日 表君(筑波大D2)がSOSP 2013でポスター発表
    [SOSP '13]

    筑波大学の表祐志君がシステムソフトウェアで最も著名な国際会議である The 24th ACM Symposium on Operating Systems Principles (SOSP '13) でポスター発表をおこないました。

    Towards agile and elastic bare-metal clouds.
    Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    The 24th ACM Symposium on Operating Systems Principles (SOSP '13), Pennsylvania, Nov. 2013.

  • 2013年10月18日 総務省の競争的資金に採択

    総務省のICT分野における競争的資金である平成25年度「先進的通信アプリケーション開発推進事業」の第2回公募に応募していた課題「広域分散ベアメタルクラウド環境のためのハイパーバイザの開発」(開発代表者:品川高廣)が採択されました。

    総務省によるプレスリリース

  • 2013年7月30日 芹川君(筑波大M2)がAPSys 2013でポスター発表

    筑波大学の芹川大地君が国際ワークショップ4th Asia-Pacific Workshop on Systems (APSYS 2013)でポスター発表をおこないました。

    Towards Secure and Efficient Volunteer Computing.
    Daichi Serikawa, Yushi Omote, Takahiro Shinagawa, Kazuhiko Kato.
    4th Asia-Pacific Workshop on Systems (APSYS 2013), Singapore, Jul. 2013.

  • 2013年7月11日 JHPCNシンポジウムで採択課題をポスター発表

    学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点(JHPCN)の平成25年度公募に採択された課題「次世代スーパーコンピュータ向けの軽量な仮想計算機環境の実現に向けた研究開発」について、第5回シンポジウムにおいてポスター発表をおこないました。

    次世代スーパーコンピュータ向けの軽量な仮想計算機環境の実現に向けた研究開発.
    品川 高廣.
    学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第5回シンポジウム,東京,2013年7月.

Fiscal Year 2012 年度

Fiscal Year 2011 年度

  • 2012年3月27日 表君(筑波大M2)が国際会議 ACM SAC 2012 で研究成果を発表
    [omote2012sac]

    筑波大学の表祐志君(修士2年)が JST A-STEP(研究成果最適展開支援事業)の支援によりおこなわれた研究の成果を国際会議ACM SAC 2012において発表しました.

    Hypervisor-based Background Encryption.
    Yushi Omote, Yosuke Chubachi, Takahiro Shinagawa, Tomohiro Kitamura, Hideki Eiraku, Katsuya Matsubara.
    In Proceedings of the 27th ACM Symposium On Applied Computing (ACM SAC 2012), Mar 2012.

  • 2012年3月22日 BitVisorに関する技術の特許出願

    JST A-STEP(研究成果最適展開支援事業)の支援により研究開発した技術を共同で特許出願しました。当該技術の一部は、国際会議 ACM SAC 2012 で発表予定です。

    情報処理装置及びプログラム.
    品川 高廣, 忠鉢 洋輔, 表 祐志, 北村 朋宏, 榮樂 英樹, 松原 克弥.
    特許出願2012-066264,国立大学法人東京大学, 株式会社イーゲル,2012年3月22日.

  • 2011年12月15日 第二回若手・女性支援利用に採択

    若手・女性研究者向け並列コンピュータ&ストレージ利用」の第二期公募で研究課題が採択されました.本公募は,文部科学省最先端研究基盤事業「e-サイエンス実現のためのシステム統合・連携ソフトウェアの高度利用促進」の一環として,東京大学情報基盤センターが若手・女性研究者に対し,センターが保有する並列コンピュータおよびストレージを無償で提供するものです.採択された研究課題は「次世代スパコン向けの軽量な仮想計算環境の実現に向けた研究開発」です.

  • 2011年11月08日 BitVisor の記事がクラウドWatchに掲載

    BitVisor 1.2 の公開に関するニュースがクラウドWatchに掲載されました.

    純国産・オープンソースの仮想マシンモニター「BitVisor」最新版公開
    クラウドWatch,2011年11月.

  • 2011年10月28日 BitVisor 1.2 が公開

    当研究室と株式会社イーゲルが中心となって開発してきたハイパーバイザ「BitVisor」の最新版であるBitVisor 1.2が公開されました.BitVisorのホームページ(http://www.bitvisor.org/)からソースコードがダウンロードできます.BitVisor 1.2には,JSTのA-STEPによる研究成果の一部が含まれています.

  • 2011年10月13日 JST A-STEP の支援による研究成果の論文が ACM SAC 2012 に採択

    JST A-STEP(研究成果最適展開支援事業)の支援により行われている共同研究「高セキュリティを実現する仮想マシンモニタ(BitVisor)の実用化検証」(企業代表者:イーゲル松原克弥,研究責任者:品川高廣)の成果として,筑波大学の表祐志君(修士2年)が第一著者の論文が国際会議 ACM SAC 2012 に採択されました.

    Hypervisor-based Background Encryption.
    Yushi Omote, Yosuke Chubachi, Takahiro Shinagawa, Tomohiro Kitamura, Hideki Eiraku and Katsuya Matsubara.
    In Proceedings of the 27th ACM Symposium On Applied Computing (ACM SAC 2012), Mar 2012. To appear.

  • 2011年10月13日 総務省 SCOPE の支援による研究成果の論文が ACM SAC 2012 に採択

    総務省 SCOPE(戦略的情報通信研究開発推進制度)の支援により行われている共同研究「ディペンダブルな自律連合型クラウドコンピューティング基盤の研究開発」(研究代表者:加藤和彦教授)の成果として,電気通信大学の大山准教授が第一著者の論文が国際会議 ACM SAC 2012 に採択されました.

    Detecting Malware Signatures in a Thin Hypervisor.
    Yoshihiro Oyama, Tran Giang, Yosuke Chubachi, Takahiro Shinagawa and Kazuhiko Kato.
    In Proceedings of the 27th ACM Symposium On Applied Computing (ACM SAC 2012), Mar 2012. To appear.

  • 2011年10月 5日 表君(M2)の論文が ACS 論文誌に掲載

    筑波大学の表祐志君(修士2年)が第一著者の論文が情報処理学会 ACS 論文誌に掲載されました.

    「仮想マシンモニタによる透過的ネットワークブート方式」
    表 祐志, 品川 高廣, 加藤 和彦.
    情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム,第4巻,第4号,228-245頁,2011年10月. [BookPark]

  • 2011年 6月 6日 松橋君の論文が Elsevier の FGCS 誌オンライン版に掲載

    総務省 SCOPE(戦略的情報通信研究開発推進制度)の支援により行われている共同研究「ディペンダブルな自律連合型クラウドコンピューティング基盤の研究開発」(研究代表者:加藤和彦教授)の成果として,筑波大学を昨年度卒業した松橋洋平君が第一著者の論文が Elsevier の Future Generation Computer Systems 誌にオンラインで掲載されました.

    Transparent VPN Failure Recovery with Virtualization.
    Yohei Matsuhashi, Takahiro Shinagawa, Yoshiaki Ishii, Nobuyuki Hirooka, Kazuhiko Kato.
    Future Generation Computer Systems, Vol. 28, Issue 1, pp 78-84, Jan 2012.
    doi:10.1016/j.future.2011.05.020

  • 2011年 4月 1日 東京大学の准教授に着任

    2011年4月1日付けで,東京大学情報基盤センター情報メディア教育研究部門の准教授に着任いたしました.

[PDF]

Research Theme研究テーマ

We are conducting leading-edge researches on system software including operating systems (OSs) and virtualization software. We exploit OS kernels of existing systems such as Linux and Windows, or utilize our original virtualization software called "BitVisor", to study various topics such as security, reliability, system management, and cloud computing. We mainly use C/C++ and assembler languages for programming.オペレーティングシステム(OS)や仮想化ソフトウェアをはじめとした最先端のシステムソフトウェアに関する研究をおこなっている。LinuxやWindows等の既存OSのカーネルや、我々の研究室で独自に研究開発している国産の仮想化ソフトウェア「BitVisor」などをベースとして、セキュリティや信頼性向上、システム管理、クラウドコンピューティングなどに関する研究開発をおこなっている。プログラミング言語は主にC/C++やアセンブラである。
[OS] [OS]

Operating Systemsオペレーティングシステム

Operating systems (OSs) are fundamental software acting as an intermediary between the physical world (hardware) and the information world (applications). Especially, OS kernels work on a boundary between hardware and software, holding privileges to control the entire state of the systems. Therefore, OS kernels ara critical components affecting the performance, functionaliry, and security of the systems. We conduct researches on various topics for improving fuctionalities and optimizing performance of the systems by modifying kernels of existing OSs such as Linux and Windows. We also aim at developing our original new OS to propose a new concept and abstraction with OS kernels.オペレーティングシステム(OS)は、物理世界のハードウェアと情報世界のアプリケーションを繋ぐ架け橋となるソフトウェアである。特にOSのカーネルは、ハードウェアとソフトウェアの境界領域で動作し、システム全体の状態を把握・制御する特権を持っている。従って、OSカーネルはシステムの性能や機能、安全性などを大きく左右するコンポーネントである。本研究では、LinuxやWindowsなどの既存のOSをベースとして、OSカーネルに手を入れることで、セキュリティ向上やストレージ高速化など、様々な機能向上や性能改善を実現するための研究開発をおこなう。また、次世代コンピュータ向けに、本研究室で独自のOSを研究開発して、OSの新しいコンセプトを提案することも目指している。


[BitVisor] [BitVisor]

Virtualization Software (BitVisor)仮想化ソフトウェア「BitVisor」

Virtualization software (called virtual machine monitors or hypervisors) runs between the OS and hardware, showing virtualized hardware to the guest OS for providing new features. We are developing a new hypervisor called BitVisor from scratch and exploit it as a basis for various researches. Whie traditional virtualization software, such as VMWare, Xen, and KVM, usually runs multiple OSs on one hardware, BitVisor aims to provide new features such as security and system management without depending on OSs by exploiting virtualization technologies. BitVisor limits the number of OS instances running at one time to one, allowing drastic elimination of size and performance overhead in virtualization systems.仮想化ソフトウェア(仮想マシンモニタやハイパーバイザ等と呼ばれる)は、ハードウェアとOSの間に入り込んで動作して、ハードウェアを仮想化してOSに見せることにより、新たな機能を提供するためのソフトウェアである。当研究室では、ゼロから新たに開発した国産の仮想化ソフトウェアである「BitVisor」をベースとした研究を数多くおこなっている。従来のVMWareやXen、KVMなどの仮想化ソフトウェアの多くは、1台のハードウェア上で複数のOSを動作させることを目的としているのに対し、BitVisorは仮想化技術を活用してセキュリティやシステム管理など新たな機能をOSに依存せずに実現することを目的としている。動作するOSを1つに限定することにより、仮想化ソフトウェアのオーバーヘッドやサイズを大幅に削減することが可能になっている。


[Secure Computing] [Secure Computing]

Secure Computingセキュア・コンピューティング

We aim at realizing a computing environment which is secure as a whole by combining various components such as OS kernels, virtualization software, compilers and applications. For example, we developed a buffer-overflow protection system by combining an OS protection mechanism and compiler-based instruction manipulation. We also developed a privilege separation system for applications to minimize the damage of systems when attacked. Another research is a system to write security policies of OS kernels in object-oriented languages to mitigate the comlex policy description problem.OSカーネルや仮想化ソフトウェア、さらにはコンパイラやアプリケーションとも連携することで、システム全体としてセキュアなコンピューティング環境を提供することを目指している。例えば、OSカーネルによる保護機構とコンパイラによる保護命令を組み合わせることでバッファオーバーフロー攻撃に対処する仕組みを構築したり、アプリケーションを特権分割して攻撃時の被害を最小限に抑える仕組みを構築したりする手法に関する研究開発をおこなっている。また、OSのセキュリティポリシー記述が複雑になる問題を軽減するために、オブジェクト指向言語によりOSカーネルのポリシー記述をおこなう方式の研究もおこなっている。


Control Panelコントロールパネル

Format表示形式

Type種別

Fiscal Year年度





Papers論文一覧

Recruit Students学生募集

品川研究室では、修士課程及び博士課程の学生を募集しています。

当研究室で研究するためには幾つかの方法があります。1つ目の方法は、東京大学大学院情報理工学研究科システム情報学専攻を受験することです。同専攻は東大内の各学科や他大学、社会人など様々な所属の方が受験することが可能です。また、情報理工学研究科の修士課程は、入試科目としてシステム情報学のほか、コンピュータ科学や電子情報学も選択可能です。入試内容や過去問などについては、専攻の入試案内を参照してください。

2つ目の方法は、筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻を受験して、加藤和彦教授の研究室(OSSS研究室)を志望する方法です。品川研究室では加藤先生と共同研究をおこなっており、加藤研究室の一部として Team Shinagawa を構成しています。加藤研究室に配属されることにより、Team Shinagawa の一員として品川研究室で研究することが可能です。この場合、事前に加藤先生とよくご相談ください。

別の方法として、東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻広域システム科学系を受験することも可能です。

また、日本学術振興会特別研究員などのポスドク研究員も募集しています。この場合、本務先である情報基盤センターの所属となります。いずれの場合も、品川研究室として一体で運用していくことを検討しています。

当研究室を志望される方は、事前に品川(下記のメールアドレス)までご連絡いただけるようお願い致します。

Our laboratory is recruiting students of master's and doctoral courses.

Please contact Dr. Shinagawa (the following mail address) if you wish to join us.


コンサルティング・共同研究・寄附募集

コンサルティング

企業などへのコンサルティングによる研究成果の社会還元をおこないます。詳細についてはこちらをご参照ください。

共同研究・受託研究

企業等との共同研究や受託研究をおこないます。詳細についてはこちらをご参照ください。

寄附

個人や団体などから、学術研究の経費、教育・研究その他の事業の奨励として、ご寄付をいただく制度です。詳細についてはこちらをご参照ください。

Resume履歴

Twitter: @utshina2
Facebook: utshina
LinkedIn: utshina
Gravatar: utshina
Hatena: shina_ecc
Qitta: shina
slideshare: shinagawa
Researchmap: shina
GitHub: utshina
Bitbucket: utshina
Google Scholar: nTYUszEAAAAJ
dblp: Shinagawa:Takahiro

[shina]

Takahiro SHINAGAWA

(Associate Professor)

The University of Tokyo
Information Technology Center


Contact:
#414 Information Technology Center
2-11-16 Yayoi, Bunkyo-ku, Tokyo, 113-8658
+81-3-5841-3020

Biography

Dr. Shinagawa received his Ph.D. in Science from the University of Tokyo in 2003. After graduated from the Department of Information Science, the University of Tokyo in 2003, he worked at Tokyo University of Agriculture and Technology as an assistant professor and University of Tsukuba as a lecturer. He currently works at the University of Tokyo as an associate processor since 2011. His research interests include deep system software such as operating systems (OS kernels), virtualization, and secure computing.

◎略歴

2003年東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻博士課程修了.博士(理学).東京農工大学助手,筑波大学講師を経て,2011年から東京大学情報基盤センター准教授.オペレーティング・システムや仮想化技術,セキュアコンピューティングなどのシステム・ソフトウェアに関する研究に従事.情報処理学会1999年度論文賞,2002年度山下記念研究賞などを授賞.

◎学歴

  • 平成10年3月 東京大学工学部電子工学科卒業
  • 平成12年3月 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻修士課程修了
  • 平成15年3月 東京大学大学院理学系研究科情報科学専攻博士課程修了
    「博士(理学)」取得(東京大学)(博理第4277号

◎職歴

【専任】

  • 平成15年4月 東京農工大学工学部情報コミュニケーション工学科助手
  • 平成16年4月 東京農工大学大学院共生科学技術研究部システム情報科学部門助手
    (平成18年4月に大学院共生科学技術研究院へ名称変更)
  • 平成18年10月 筑波大学大学院システム情報工学研究科産学官連携研究員
  • 平成19年4月 筑波大学大学院システム情報工学研究科講師
    (先端学際領域研究センター勤務リサーチリーブ教員)
    (平成22年10月に生命領域学際研究センターに名称変更)
  • 平成23年4月 東京大学情報基盤センター准教授

【兼業・兼任・兼担・兼務】

  • American Megatrends Inc. Consultant(平成21年12月〜平成22年6月)(兼業)
  • 筑波大学生命領域学際研究センター客員研究員(平成23年4月〜平成24年3月)
  • 東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻(平成27年4月〜)(兼担)
  • 東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系(平成23年4月〜)(兼担)
  • 東京大学理学部情報科学科非常勤講師(平成24年5月〜平成24年9月、平成25,26,27年4月〜9月)
  • 東京大学工学部計数工学科非常勤講師(平成27年9月~平成28年3月)
  • 東京大学教養学部非常勤講師(平成23,24,25,26,27年4月〜9月)
  • 東京工業大学非常勤講師(平成23年10月〜平成24年3月)
  • 東京大学情報基盤センター学際情報科学研究体(平成24年4月〜)(兼務)

◎受賞

【本人】

【学生】

  • 平成16年3月 情報処理学会 第66回全国大会 学生奨励賞
  • 平成18年1月 情報処理学会 放送コンピューティング研究グループ第13回研究会 学生発表奨励賞
  • 平成21年8月 情報処理学会 第112回システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会 最優秀学生発表賞
  • 平成22年5月 先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS 2010) 優秀ポスター賞
  • 平成22年11月 コンピュータシステム・シンポジウム(ComSys 2010) 若手優秀論文賞
  • 平成24年12月 コンピュータシステム・シンポジウム(ComSys 2012) 学生ポスター賞

◎研究資金獲得歴

【代表】

  • 平成15年度 情報処理振興事業協会 (IPA) 未踏ソフトウェア創造事業
    開発プロジェクトリーダー
  • 平成16年度 文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究代表者
  • 平成18年度 文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究代表者
  • 平成20年度 文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B) 研究代表者
  • 平成22年度 文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B)
    「仮想化技術による分散ストレージ管理基盤」 研究代表者
  • 東京大学情報基盤センター若手・女性研究者支援プログラム
    「次世代スパコン向けの軽量な仮想計算環境の実現に向けた研究開発」 研究代表者
  • 平成24年度 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C)
    「準パススルー型仮想マシンモニタの研究」 研究代表者
  • 平成25年度 総務省 先進的通信アプリケーション開発推進事業
    「広域分散ベアメタル・クラウド環境のためのハイパーバイザの開発」 開発代表者
  • 平成27年10月1日~平成28年3月31日 富士通 委託研究
    「軽量ハイパーバイザの研究」
  • 平成28年度 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)
    「準パススルー型仮想マシンモニタに関する研究」 研究代表者

【分担】

  • 平成16年度~17年度 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C)
    研究分担者
  • 平成17年度~19年度 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C)
    研究分担者
  • 平成18年度~20年度 文部科学省 科学技術振興調整費 重要課題解決型研究
    「高セキュリティ機能を実現する次世代OS環境の開発」
    研究担当者(研究代表者:加藤和彦)(平成18年10月~)
  • 平成15年度~20年度 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業CREST
    「自律連合型基盤システムの構築」
    研究担当者(研究代表者:加藤和彦)(平成19年度~)
  • 平成19年度~21年度 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)
    研究分担者(研究代表者:加藤和彦)
  • 平成20年度~21年度 経済産業省 新世代情報セキュリティ研究開発事業
    研究分担者(研究代表者:産業技術総合研究所 須崎有康)(平成21年度)
  • 平成21年度~23年度 総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)ICTイノベーション促進型研究開発
    「ディペンダブルな自律連合型クラウドコンピューティング基盤の研究開発」
    研究分担者(研究代表者:加藤和彦)(平成23年度から連携研究者)
  • 平成22年度~24年度 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)
    研究分担者(研究代表者:加藤和彦)(~平成23年度)
  • 平成22年度 JST 研究成果最適展開支援事業(A-STEP) フィージビリティスタディ【FS】ステージ・シーズ顕在化タイプ
    「高セキュリティを実現する仮想マシンモニタ(BitVisor)の実用化検証」
    研究責任者(企業責任者:株式会社イーゲル 松原克弥)
    (採択率10.9%:採択82件/応募753件)
  • 平成22年度~24年度 総務省 最先端のグリーンクラウド基盤構築に向けた研究開発
    (高信頼クラウドサービス制御基盤技術)
    研究担当者(平成23年度~)
  • 平成26年1月~28年3月 JST 研究成果最適展開支援事業(A-STEP) ハイリスク挑戦タイプ
    「高セキュリティ・高信頼のクラウドコンピューティング環境実現に向けた基盤システムソフトウェア「BitVisor」の研究開発」
    研究責任者(企業責任者:株式会社イーゲル 松原克弥)
    (採択率4.5%:採択7件/応募155件)

◎学会活動

【幹事】

  • 情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会 運営委員会 幹事
    (平成20年度~平成23年度)

【編集委員】

  • 情報処理学会 論文誌ジャーナル/JIP編集委員会 小委員会(基盤グループ)
    (平成17年6月~平成21年5月)
  • 情報処理学会 コンピューティングシステム編集委員会
    (平成21年4月~平成25年3月)
  • 情報処理学会 会誌編集委員会専門委員会(ソフトウェア分野)
    (平成22年4月~平成26年3月)

【運営委員】

  • 情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティングシステム研究会
    (平成15年度~18年度、平成25年度~)

【学会組織委員】

  • 日本ソフトウェア科学会 第2回SPAサマーワークショップ 実行委員長
    (平成15年8月)
  • 第5回先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS 2007 広報委員長(平成19年5月)
  • APSys 2015 Publication Chair(平成27年)

【プログラム委員】

◎学位論文審査

【副査】

  • 2016年3月: 有間 英志, Cache Design Optimization for Energy-Efficient Processors (高電力効率プロセッサのためのキャッシュの設計最適化), 東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻, 主査: 中村 宏 教授.
  • 2016年3月: 思 敏, Techniques for Enabling Highly Efficient Message Passing on Many-Core Architectures (メニーコア型大規模並列計算機向けの高性能メッセージパッシング型通信技術), 東京大学 情報理工学系研究科 コンピュータサイエンス専攻, 主査:平木 敬 教授.
  • 2015年3月: 表 祐志, Computer Systems Management with a Para Pass-through Virtual Machine Monitor (準パススルー型仮想マシンモニタを用いたコンピュータシステム管理に関する研究), 筑波大学 システム情報工学研究科, 博甲第7282号, 主査: 加藤 和彦 教授.
  • 2015年3月: 穐山 空道, Reducing Energy Consumption of Data Centers by Improving Virtual Machine Live Migration, 東京大学 情報理工学系研究科 創造情報学専攻, 指導教員: 本位田 真一 教授.
  • 2013年3月: 高橋 一志, 利用可能性の高い仮想計算機転送技術 (A technique of virtual machine migration with high applicability), 東京大学 情報理工学系研究科 創造情報学専攻, 博情第452号, 主査: 東京大学 教授 江崎 浩.

Current Members現在のメンバー

The University of Tokyo東京大学

  • Associate Professor准教授
    • Takahiro Shinagawa品川高廣
  • D1(社会人)
    • Keiichi Matsuzawa松沢 敬一(システム情報学専攻)
  • M1
    • Masanori Misono味曽野 雅史(システム情報学専攻)
    • Tomoyuki Nakayama中山 智之(システム情報学専攻)
    • Seiichi Uchida内田 誠一(広域システム科学系)
  • B4

University of Tsukuba筑波大学

Past Members過去のメンバー

The University of Tokyo東京大学

  • 2015
    • Bachelor Course: Kouhei Azuma学士課程修了:東 耕平
    • Bachelor Course: Hwang学士課程修了:黄 柱皓(ファン チュホ)

University of Tsukuba筑波大学

  • 2015
    • Doctor Course: Yushi Omote博士課程修了: 表 祐志(同年博士号取得、9/30学振PD中途辞退)
  • 2014
    • Doctor Course: Yosuke Chubachi博士課程修了: 忠鉢 洋輔
    • Master' Course: Kyohei Shimada修士課程修了: 島田 恭平
    • Master' Course: Daichi Serikawa修士課程修了: 芹川 大地
    • Bachelor Course: Tomoya Ishii学士課程修了: 石井 智也
  • 2013
    • Master's Course: Ryo Okubo修士課程修了: 大久保 諒
  • 2012
  • 2011
    • Master's Course: Yohei Matsuhashi修士課程修了: 松橋 洋平
    • Master's Course: Kazunori Miyazawa修士課程修了: 宮澤 和徳
    • Master's Course: Yoshiki Yamada修士課程修了: 山田 佳樹
  • 2010
    • Master's Course: Akio Konagaya修士課程修了: 小長谷 秋雄
    • Master's Course: Akira Yokokawa修士課程修了: 横川 晃
  • 2009
    • Master's Course: Masahiro Ohmiya修士課程修了: 大宮 正大

国際会議

Conference

see here